【髪質改善の流れ】09.保湿ローション塗布・キューティクル保護

補給した栄養分と色素が出ていかないように潤いを与える天然の保湿成分を塗付していき、
キューティクルを閉めて潤いと色素を閉じ込めていきます。
通常のカラーは色素だけを入れてシャンプーして終わりですが、
そうするとキューティクルが開いたままなので色素が外に出やすい状態です。
カラーエステでは、しっかりキューティクルを閉めてあげることで栄養分と色素が外に出にくい状態に整えます。
リタッチの場合は、染めない部分にたっぷりの栄養分のみを補給。通常のカラーは、色素だけを入れるので髪の中の栄養分が押し出されて、髪のダメージにつながりますが、カラーエステではダメージがないように色素とたっぷりの栄養分を同時に補給していきます。 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3

このブログ記事について

このページは、ozhair1207が2013年7月 5日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【髪質改善の流れ】08.流す」です。

次のブログ記事は「【髪質改善の流れ】10.シャンプー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。